三品 和広みしな かずひろ

教授
Ph.D.(企業経済学)(ハーバード大学)
教員のメールアドレス(画像)

略歴

  • 2004年神戸大学大学院経営学研究科教授
  • 2002年神戸大学大学院経営学研究科助教授
  • 1997年北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科助教授
  • 1995年北陸先端科学技術大学院大学先端科学技術調査センター助教授
  • 1989年ハーバード大学ビジネススクール助教授
  • 1989年ハーバード大学文理大学院博士課程修了
  • 1984年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了
  • 1982年一橋大学商学部卒業

専攻

経営戦略・経営者論

担当科目

  • 学部:経営戦略
  • 大学院(Ph.D.):演習
  • 大学院(MBA):現代経営学演習

研究テーマ

事業の長期収益を決める主因は何なのか。これをテーマに研究を進めてきましたが、2015年7月刊行の『経営戦略の実戦1:高収益事業の創り方』で私なりの答えを出しました。収益率の次は同じ実戦シリーズの第3巻で占有率に立ち向かいます。第1巻では東名阪一部上場企業プラス東証二部上場企業の1805社(金融と不動産セクターを除く)を調査対象としましたが、第3巻では未上場企業も含めて1,000以上の市場を相手にしています。既に第2巻のケース選定も終えており、収益率(ブー)と成長率(フー)と占有率(ウー)の全3巻が出揃うと、私がライフワークとする帰納的戦略論が全貌を現すことになります。そうすれば、日本は経営幹部教育で世界の最先端に躍り出ることになるはずと信じています。

研究業績等詳細紹介ページ