毎回の講義のミーティングIDとパスワードを固定する:教員用

Top: Zoomの使い方

講義を1回ずつスケジュールするのは大変です。1回ずつスケジュールすると毎回ミーティングIDが変わるので、学生にそれを伝えるのも大変です。

講義用ミーティングを、例えばクオーター分一気にスケジュールすると各回のミーティングIDやパスワードが固定されるのでミーティングIDやパスワードを学生に連絡するのが1回で済みます。

例として、第1クオーター月1・木2開講の講義のスケジュールをしてみましょう。zoomのウェブサイトで「新しいミーティングをスケジュール」しましょう。以下の画像を参考にして新しいミーティングを保存すれば完了です。

設定のツボは「所要時間」を1限と2限がまるまる納まるようにしておくことです。月曜は8:30-11:00で木曜は10:30-13:00というような設定ができないので、月曜も木曜も1、2限で予約しておきます。

保存後、ミーティング一覧ページで確認すると一気に十数回分の講義の予約ができていることが確認できます。後で特定の回だけ開始時刻を変更したり、所要時間を変更することもできます。