知識転換の経営学 -ナレッジインタラクションの構造-


知識転換の経営学 −ナレッジインタラクションの構造− カバー写真
教官名 原田 勉 助教授
タイトル 知識転換の経営学 
−ナレッジインタラクションの構造−
出版社 東洋経済新報社
1999年6月
価格 2900円 税別

書評

 組織における知のコミュニケーションに関して、新たな視点からまとめられた実証研究書。
 経済学において外的要因とされてしまう技術革新そのものに焦点をおき、かつ、組織構造のように見えるものではなく、見えざるもの:すなわち、「ナレッジインタラクション」と呼ぶ組織メンバー間の情報・知識のやりとりに視点をあてている。
 基本的な命題は、ある状況下では、トランスフォーマーと呼ぶ特定組織のメンバーがこの情報・知識のやりとりの中で決定的に重要な役割を果たしており、かれらを中心としたコミュニケーション・ネットワークのマネージメントこそが技術革新を組織内で促進するための主要な考慮要因となるとのことである。