髙田 幸太郎氏

髙田 幸太郎(たかだ こうたろう)

  • 有限責任あずさ監査法人 大阪事務所勤務

プロフィール

2020年 公認会計士試験合格
2021年 有限責任あずさ監査法人 大阪事務所入所

公認会計士を志した動機

私は大学入学時点では公認会計士という資格について名前ぐらいしか知りませんでした。大学入学時は特にやりたいことがなく就活に対して漠然とした不安を感じたため、何か資格を取得したいと考えていました。その折に公認会計士という資格を知り、会計士になれば監査という形で様々な業種の会社に関わることで、自分自身の視野を広げることが出来るのではないかと思いました。公認会計士試験は合格までに約2年かかるため、始めるには勇気がいりましたが、大学生の間に何か困難な目標をやり遂げたいと思い、会計関連の資格の最高位である公認会計士を目指すことにしました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

会計プロフェッショナル育成プログラムは簿記の勉強の開始から本格的な会計士の勉強へとつながるが良い点だと思います。高校以前に簿記を勉強している人はほとんどいないかと思いますが、まずこのプログラムで簿記3級と2級を学習した後、公認会計士を目指すなら専門学校でさらに学習を進める形となります。実際に簿記に触れ、簿記が自分に合うか見極めたうえで会計士を目指すか決めることができます。また大学の単位に関しても会計士の勉強で習った範囲と重複する部分は、余裕をもって学習することが出来ました。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

大学は高校と比べて自由度が高いのが特徴です。何をするかは人により様々ですが、自分なりの目標がなければ何もなく4年間は終わってしまいます。部活やサークルに全力で取り組むのもとても良い選択だと思いますが、なかなか目標が見つけられないという私のような方は公認会計士という選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。私自身公認会計士を目指して本当に良かったと思いますし、皆様にも会計育成プロフェッショナルプログラムを通じて簿記、そして公認会計士に興味をもっていただければと思います。