川畑 慶太

川畑 慶太(かわばた けいた)

  • 有限責任監査法人トーマツ 大阪事務所勤務

プロフィール

2021年 公認会計士試験合格
2022年 有限責任監査法人トーマツ 大阪事務所入所

公認会計士を志した動機

私が会計士を志した理由は、会計士という資格の持つ幅広い選択肢に魅力を感じたからです。大学に入り将来を考える時、今の自分と未来の自分でやりたい仕事が違ったらどうしようと考えることが多くありました。そんなときに会計士という資格に出会い、会計士の仕事には、監査の他にも上場支援や税務、コンサルティングなど様々なものがあると知りました。高い専門性を有していながらも特定の仕事に縛られるのではなく、自身の希望や興味に合わせて柔軟にキャリアを構築し成長していける点は、他の資格にはない強みです。この強みを活かせば将来に多くの選択肢を持てると感じ、私は公認会計士を志しました。

会計プロフェッショナル育成プログラムの活用

会計プロフェッショナル育成プログラムは会計士の勉強への良い導入になると思います。講義を通じて簿記の基本的な構造を学ぶことができるので、その後の専門的な学習にスムーズに移行することができます。また時期的にも最適なタイミングで会計士の勉強を始められるようになっています。会計士を目指す人にとって、このプログラムは大きな助けになると思います。

公認会計士としての仕事の魅力

キャリアの自由度の高さと私生活と仕事のバランスを取りやすいことが魅力だと思います。自分のやりたいことを軸にキャリア設計を自由に変えていけるというのは、会計士の大きな強みであり魅力的な点です。また会計士という仕事は繁忙期がはっきりしているので私生活の予定を立てやすく、まとまった休みを利用して私生活も充実させることができると思います。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

公認会計士の勉強というのは決して楽なものではありません。しかし、きちんと努力すれば結果が出るものです。そして神戸大学にはその努力のための環境が用意されています。会計士に少しでも興味があるなら、勇気を持って一歩踏み出してみてください。自分の可能性を広げ、将来を考えるとても良い経験になると思います。皆様の大学生活が良いものになるよう祈っています。