吉村 誠氏

吉村 誠(よしむら まこと)

  • 有限責任監査法人トーマツ 大阪事務所勤務

プロフィール

2020年 公認会計士試験合格
2021年 有限責任監査法人トーマツ 大阪事務所入所

公認会計士を志した動機

私は特にやりたいこともなく、何となくで大学に入ったので、入学当初は中身のない生活ばかりを送る日々でした。そんな中出会ったのが専門学校の先生の簿記の講義でした。その先生は、まるで高校の先生のようで、熱血で、明るくて、簿記を楽しく、かつ分かりやすく教えてくれる方でした。この講義で簿記について触れていくなか、ある日その先生が講義の中で話していた将来会計士としてバリバリ働くというキャリアプランに非常に魅力を感じました。何か熱中できることを見つけるのが難しい大学生活の中で、この会計士という職業に非常に魅力を感じ、心の底から目指したいと思うことができた瞬間でした。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

神戸大学では、会計士試験合格のために必要なスキルを身につけるカリキュラムが非常に充実しています。大学一年時から、商業簿記、工業簿記の講義があり、会計士試験突破のために重要な簿記についての知識を早い段階から強化することができます。簿記についての知識が豊富だと、会計士試験においても非常に有利になりますし、さらに、会計士試験合格後、会計士として働く際に必ずと言って良いほど簿記の考え方が必要となってくるので、その際に自分自身のキャリアを幅広く構築するためにも、この会計プロフェッショナル育成プログラムを活用することは、大変有意義だと思います。

公認会計士としての仕事の魅力

会計士の仕事の魅力としては、やはりチャレンジできるフィールドの広さではないかと思います。会計士は、監査のスキルはもちろん、税務関係、コンサル、さらにはIPO関連業務など、様々な役割を全うすることを社会から期待されています。この選択肢の広さから、自分の本当のやりたいことを見つけていき、オリジナルに富んだキャリアプランを設計することができる点は、恐らく他の職業では体験できないことだと思います。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

新型コロナが流行する中、なかなか思うような大学生活を送ることができない日々が続いていると思います。このような状況で、自分が本当にやりたいことと出会うのは非常に困難であるかもしれません。しかし、このような状況でも、神戸大学で会計に携わる教職員の方々は、皆さんの悩みに真摯に向き合ってくださる素晴らしい方ばかりです。決して会計士試験を強制的に勧めることはなく、皆さんが本当にやりたいことを一緒に探してくれる、そんな方々に私自身も非常にお世話になりました。厳しい状況の中でも皆さん自身がやりたいことを見つけ、悔いのない大学生活を送っていただけることを願っています。