大本 一途氏

大本 一途(おおもと かずと)

  • 有限責任あずさ監査法人 大阪事務所勤務

プロフィール

平成28年 公認会計士試験合格
平成29年 有限責任あずさ監査法人 大阪事務所入所

公認会計士を志した動機

私は高校時代、自分の進路希望を決めるときに、自分の得意な数学を活かせる職業に就きたいと考えました。その時は公認会計士の仕事についてはっきりと理解していませんでしたが、公認会計士が他の会社に直接赴いて内情を調べるということを知り、当時の自分にはとても珍しいものに感じられ、不思議な魅力を覚えました。専門的な知識を使って仕事をするということも私がこの職業を目指そうと思ったきっかけになりました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

大学入学当時は、会計の知識が全くなかったので、会計プロフェッショナル育成プログラムにより、会計の基礎知識、簿記3級、2級の知識を得ることができたと思います。このプログラムのおかげで、スムーズに公認会計士の試験勉強に取り組むことができました。また、大学でこのカリキュラムを組むことの利点は、大学の友達と勉強の進捗具合を確認しあいながら励んでいけることです。会計を勉強するうえでの不安を解消したり、自分の学習方法を修正したりすることに役立ちました。

公認会計士としての仕事の魅力

公認会計士の仕事の基礎といえる監査の面白いところの一つは、顧客第一ではないということです。ほとんどの仕事は顧客の利益のために働き、「お客様は神様だ」という意識が根底にあると思われますが、公認会計士は国民や社会の発展に努めることを本分としているので、相手に対して対等に意見を言えることから、自分が正しいと思う考えを全面に出せることがこの職業の魅力の一つだと思っています。また、自分が関与した仕事が監査報告書として世間に出るということは、強く責任を伴いますが、自分の行った仕事がみんなに見られる場所で形に残ることで、十分にやりがいを感じられると思います。このように自分の仕事に強くやりがいを感じられるという点も公認会計士の魅力だと思います。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

公認会計士試験の勉強は大変だと思いますが、頑張れば必ずその努力が報われる試験です。そして努力の先には、自分が考えている以上の様々な可能性を試せる世界が広がっていると思います。公認会計士を目指している方は、壁にぶつかったら先生方に相談してみてください。きっとサポートしてくれるはずです。また、公認会計士の道に進もうか迷っている方は、是非会計の世界を体験してみてください。神戸大学は会計を勉強するには最高の環境だと思います。