山元 こなつ氏

山元 こなつ(やまもと こなつ)

  • 有限責任あずさ監査法人 東京事務所勤務

プロフィール

平成30年 公認会計士試験合格
平成31年 有限責任あずさ監査法人 東京事務所入所

公認会計士を志した動機

私が公認会計士という職業を知ったのは、高校生の時です。結婚、出産、育児といったライフイベントに左右されずに生涯働いていたいと思い、そのために文系で数学が好きな私が取ることができる資格を探していた時に見つけました。大学生生活において、なにか形に残ることに取り組んでみたいと思い、以前から興味のあった公認会計士の資格にチャレンジしました。神戸大学では簿記の授業があり、その後で会計プロフェッショナル育成プログラムを利用して専門学校に通い始めました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

大学1年生の時から簿記の授業があり、1年生のうちに簿記3級2級を取得できました。そこでまず会計の基礎をしっかりと教えていただきました。その後本格的に公認会計士の勉強を始めるか選択することができたので、無理なく始めることができました。また、このプログラムを活用する人は多く、同じ目標に向かう仲間とみんなで切磋琢磨しながら受験生活を乗り切ることができました。

公認会計士としての仕事の魅力

公認会計士としての仕事の魅力は、キャリアプランやチャレンジできる業務の幅広さです。公認会計士の独占業務である監査をはじめ、上場支援、パブリックセクターの監査、独立開業など監査で得た知識を活かし様々な仕事に従事できます。

また、出産、育児、介護に対する支援制度が整っており、ライフイベントとの両立がしやすいところも魅力的です。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

私は、サークルに入らず、公認会計士の勉強1本の大学生活でしたが、この資格にチャレンジして本当によかったと思っています。同じ目標に向かう仲間や、いつも応援してくれる家族や友達、手厚いフォローをしてくださる先生方の温かい支えを改めて実感することができ、また大学生活での努力が目に見える資格という形で自分の財産にすることができました。

有意義な大学生活を過ごすために、公認会計士にチャレンジしてみてはどうでしょうか。