【大学院】令和3年度前期 各種論文提出期間について

令和3年度前期の各種論文提出期間は、以下のとおりです。締切厳守となりますので、ご注意ください。

※新型コロナウイルスへの対応により提出方法等が変更となる可能性もあります。変更があればその都度周知をしますのでよく確認するようにしてください。

<論文提出期間>

論文の種類 提出期間
 ○修士論文
 ○博士候補者資格論文(第2論文)

 

令和3年6月21日(月)~6月30日(水) 17時厳守

※ 形式面で不備がある場合は、原則として受理しない。
※ 土日祝は除く。
  ただし教務グループに事前連絡があった社会人院生は、6月26日(土)の提出に限り可とする。

 〇博士論文
 ○単位修得認定論文
 

令和3年7月9日(金)~7月20日(月) 17時厳守
※ 形式面で不備がある場合は、原則として受理しない。
※ 日曜・祝日は除く。
  ただし教務グループに事前連絡があった社会人院生は、土曜日の提出に限り可とする。

 

  • 提出は郵送も可とします。ただし、少なくとも期限1週間程度の余裕をもって送付すること。 また、追跡可能な平日到着指定の郵送方法とすること。
  • 修士論文の提出時には「論文要旨」を、博士候補者資格論文の提出時には「研究計画書」を、単位修得認定論文の提出時には「研究経過報告書」を、論文の冊数と同じ部数印刷し、ペーパーベースで提出してください。各様式については、教務グループから各論文提出予定者へ、事前に電子ファイル(WORD文書)をメール送付します。
  • 博士論文の提出時には、各種添付書類を添付する必要があります。
    各種様式や提出にかかる注意事項は、博士論文提出予定者へ連絡します。
  • 論題の変更がある場合、論文提出と同時またはそれ以前に、「論文題目変更届」(教務グループに要連絡)を提出してください。届出には、事前に指導教員(博士論文は仮審査委員全員)の承認とそれを示すものが必要です。
  • 各提出締切り日の17:00 の時点で全ての様式が揃っていない場合は論文の受付はできません。また、交通・郵便事情を含むいかなる事情があったとしても、締切を過ぎますと論文の受付は行いませんので、余裕を持って提出するようにしてください。