管理会計研究のフロンティア


著者名 加登豊 松尾貴巳 梶原武久 編著
タイトル 管理会計研究のフロンティア
出版社 中央経済社 2010年10月
価格 4800円 税抜

書評

初めて研究に取り組んだり、新しい研究テーマに取り組もうとするときに、われわれは見知らぬ土地を旅行するときと同じような感覚に襲われる。その研究領城で偉大な先人が蓄積してきた知見や将来自分が取り組むことになる研究課題に思いを馳せながら胸の高まりを感じつつも、無秩序に存在する既存研究の山に押しつぶされそうになる。

そのようなときに我々の強い味方となるのは、文献レビュー論文である。文献レビュー論文は、当該領域の既存研究について、どのような論点があり、何が明らかにされて、何が十分に明らかにされていないのかについて簡潔に教えてくれる。優れた文献レビュー論文を読むことで、それまで無秩序に見えた研究領域に一定の秩序があることが理解され. 研究の最前線(フロンティア)を確認しながら自分の研究の位置づけについて深く内省することができるようになる。

本書は、これから管理会計研究に取り組もうとする学部生、大学院生、社会人学生やこれから新しい研究領域に取り組もうとする研究者にとって、信頼できる「研究ガイドブック」となることを目指して企画されたものである。

目次

序章  先行研究が示すフロンティア
第2章  日本の管理会計研究トレンド
第3章  欧米の管理会計研究トレンド
第4章  現代管理会計研究の方法論上の特徴と諸問題
第5章  予算管理
第6章  資本予算
第7章  非財務指標と業績管理
第8章  分権的組織と管理会計
第9章  業績評価と報酬制度
第10章 環境管理会計
第11章 組織間管理会計
第12章 コストマネジメント
結章  管理会計研究のすすめ