日本企業の経営革新


日本企業の経営革新 カバー写真
教官名 加護野 忠男 教授(共著)
タイトル 日本企業の経営革新
出版社 白桃書房 
1998年12月
価格 3200円 税別

書評

 この本は、95年に日本企業を対象に実施された調査にもとづく、実証研究の成果であり、2部構成で、

  1. 日本企業の組織と制度について、
  2. 新規事業開発などの企業が直面している戦略的課題

について論じている。

 今回は、情報システム導入、フラット化・スリム化による日本企業の「組織の革新」の実態と、能力主義・成果主義、処遇制度・雇用システムの見直しによる「人事制度の改革」に焦点をあてて、これらの動向も探り、「新規事業開発」、「経営課題とその対応」、「組織文化」などのテーマとの関わりも詳細に分析されている。

 そのプロセスの中で、日本の企業の経営革新の現実が浮き彫りになっている。