実践力を鍛える戦略ノート[マーケティング編]


著者名 原田勉
タイトル 実践力を鍛える戦略ノート[マーケティング編]
出版社 東洋経済新報社 2006年4月
価格 2200円 税別

書評

本書は、マーケティング戦略立案のためのトレーニングとなることを意図して執筆したものです。マーケティングというと、コトラーの分厚いテキストを思い出される方も多いのではないでしょうか。私が学生の頃、マーケティングを勉強する際にコトラーやその他のテキストを参照したことがありますが、そこで感じたのは、何が重要で最低限、押さえておかなければならないのかがよく分からないということでした。ボリュームが相当あり、しかもいろんなチェックリストが出てきます。これらを暗記するのは相当な労力が必要です。しかし、果たしてそんなことが本当に必要なのでしょうか?それから時が経ち、今から振り返ると、そうした暗記は全く意味がないということを断言することができます。それよりも、具体的な事例やデータが与えられたとき、その問題状況を分析し、有効なアクション・プランを提言できる能力の方が重要です。そして、このような能力は、マーケティングの分厚い教科書の暗記から身につくものではないのです。

 
本書では、このマーケティング戦略立案スキルを養成することに主眼をおき、そのために必要最低限の知識をレクチャーノート感覚で記述しました。この部分を読んで理解してもらえば、マーケティング戦略立案に必要かつ十分な概念、手法はカバーできていると思います。少なくとも、ビジネススクールで使用されるマーケティングのケースについては、問題なく分析できるようになると思われます。あとは、本書に収録したショートケースを自分で解いていってもらうことでマーケティング戦略立案スキルを身につけていくことができます。

本書は、使える実践的なスキルを身につけることを主な目的にしています。そのような取り組みに関心がある方は、是非とも本書で学習をしていただければと切に希望しています。

目次

第1章 マーケティングの全体像
第2章 顧客の特徴を理解する-市場セグメンテーション
第3章 主要顧客を選択する-ターゲティング
第4章 顧客の行動を理解する-DMU分析、DMP分析、KBF分析
第5章 他社との違いを打ち出す-ポジショニング
第6章 営業力を展開する-販売戦略、KPI分析