シンクロニシティ-未来をつくるリーダーシップ

 

著者名 ジョセフ・ジャウォースキー 著 金井壽宏 監修 野津智子 訳
タイトル シンクロニシティ-未来をつくるリーダーシップ
出版社 英治出版 2007年10月
価格 1800円 税別

書評

本書は、リーダーシップとは無縁だった国際弁護士が、リーダーシップに目覚め、その教育をライフワークにした記録です。それは、アメリカン・リーダーシップ・フォーラムという米国屈指のリーダーシップ開発プログラムの生成の物語であり、著者にとっては、一種の内面的な旅となりました。

ユングは、意味のある偶然の一致をシンクロニシティ(共時性)と呼びました。世界中が自分の味方になってくれるように、時を同じくして意味深く関連のある事象が起こることがあります。リーダーの志や想いは、シンクロニシティを生むというと神秘的ですが、経営者のなかには、偶然の助けに感謝するひとが少なくありません。わが国のリーダーシップ教育でリーダーシップを発揮している畏友、野田智義氏にも、それはあてはまります。志や想いが深く強いと、それが実現するのに力となるひととのつながりが応援団となってくれます――かつて『リーダーシップの旅』(光文社)を一緒に書いた野田氏のことを念頭に、長い監修者解説をつけました。努力やフットワークが運を引き寄せている面もあるでしょう。

神戸大学の大学院MBA金井ゼミでは、運命の女神をけっして見逃さないために、「いきあたりバッチリ」(ソニーの石垣正憲氏の造語)という標語を大事にしています。こんな感覚を共有できるひとに読んでいただけたら、うれしいです。

目次

パート1 旅の準備
第1章 ウォーターゲート事件
第2章 成功すること
第3章 旅のはじまり
第4章 自由
第5章 挑戦
第6章 愛するという技術
第7章 一体感
第8章 夢
第9章 カイロ
第10章 崩壊する境界

パート2 出発点
第11章 決心
第12章 教え導くもの
第13章 シンクロニシティ-一立方センチメートルの好機

パート3 英雄の旅
第14章 力強い前進の瞬間
第15章 野外体験
第16章 ダイアローグ
第17章 罠
第18章 一心に取り組むこと

パート4 贈り物
第19章 回帰
第20章 場を整える
第21章 バリケード
第22章 ニュー・フロンティア
第23章 可能性の世界
第24章 未来を創造する