柴垣 拓弥氏

柴垣 拓弥(しばがき たくや)

  • EY新日本有限責任監査法人 大阪事務所勤務

プロフィール

2019年 公認会計士試験合格
2020年 EY新日本有限責任監査法人 大阪事務所入所

公認会計士を志した動機

が会計士を目指した理由は何か自分が誇れるものが欲しかったからです。当時の私は学業やバイト、サークルなど一般的な大学生活を送っていました。しかし特筆した特技が無かった為に自分はこのままでいいのかな、就活への不安が大きいなと思っていました。そんな時先輩から公認会計士の話を聞き、合格すれば少なくとも自分にとって誇れるものができる、自信を持つことができると感じたため公認会計士を目指しました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

会計プロフェッショナル育成プログラムは大学で簿記3級及び簿記2級を教わり、そこからは資格学校に自分で進む選択をしなければなりませんが、このプログラムを通じて優秀な同期と競いあい、そして互いを高めあえる環境が整っていると感じました。その点で活用して良かったと思います。

公認会計士としての仕事の魅力

会計士としての仕事の魅力は幅広い業務分野にあると思います。監査一般からパブリック、IPO、金融、グローバルなど多岐にわたる職務は自らの職務の可能性が大きく開けていることを意味しています。更に一般企業の社内監査役やコンサルティングへの転身、独立して開業する選択肢なども考慮すると、あらゆるキャリアを思い描くことができる点が一番の魅力であると思います。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

公認会計士の勉強は非常に大変で、大学生という貴重な時間の大半を失うものであります。他の友人や先輩に大学時代はもっと遊ぶべきだなどと言われることもあるでしょう。それでもこれからの将来の選択肢が多いことや共に大きな困難を乗り越えた仲間を得たことを踏まえると、有意義な時間の投資ではあったと振り返ることができます。自分の人生一度くらい本気で取り組める大きな目標として公認会計士という選択肢をもって頂けたら幸いです。