下笠 友暉氏

下笠 友暉(しもかさ ゆうき)

  • PwCあらた有限責任監査法人 名古屋事務所勤務

プロフィール

2019年 公認会計士試験合格
2020年 PwCあらた有限責任監査法人 名古屋事務所入所

公認会計士を志した動機

友人がやると言ったので、私も何となく会計士を志しました。専門学校に入る前に、先輩方にお話を聞く機会があったのですが、その時は友達もできるし楽しみながら学習できる、という話だった気がします。軽い気持ちで入ったものの、必要な勉強量が膨大なだけでなく、授業の数、ペースも尋常ではないので、よく心が折れていました。もしこの文章を読んでいる人がいれば、やり切れるかしっかりと考えた上で会計士を志すことをオススメします。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

日商簿記の3級と2級の学習を経て、専門学校の会計士コースを受講する流れがわかりやすかったのでスムーズに進めることができました。周りの友人が多くいたので、心が折れそうなときも何とか頑張れた気がします。

公認会計士としての仕事の魅力

この文章を書いている段階では仕事をしていないので、何とも言えませんが、最大の魅力は給料が良いことだと思います。学生時では非常勤として働くことができるのですが、他のバイトをしている大学生と比べて、かなり多くの給料がいただけると聞いています。蛇足ですが、監査は会計士の独占業務です。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

私が通っていた専門学校は大学生が多く良い雰囲気なので、合格したいと強く思っているならば是非オススメします。多くの人が勉強に時間を注ぐので、刺激を受けながら勉強を進めることができます。
会計士受験勉強は、授業やテストの数が非常に多く、辛いと感じることもあるかもしれません。しかし、その分合格すれば何倍にもなって返ってくる価値のある資格だと思いますので、気持ちを切らさずに頑張ってください。