道越 一樹氏

道越 一樹(みちこし かずき)

  • 有限責任あずさ監査法人 大阪事務所勤務

プロフィール

2020年 公認会計士試験合格
2021年 有限責任あずさ監査法人 大阪事務所入所

公認会計士を志した動機

私は親が税務の仕事をしており、大学に入学する前から会計には興味を持っていました。そして、大学入学後に初めて学んだ簿記の授業で会計学の面白さに触れました。その後公認会計士試験の勉強中の先輩方の話で、会計という学問を追求する面白さや、公認会計士になることで得られる社会的地位、仕事の幅について聞き、友人達とともに公認会計士を目指そうと思い、勉強を始めました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

会計プロフェッショナル育成プログラムは、一回生の初めから専門学校の先生から簿記を授業で教わるというもので、簿記について全く知識のない私も、分かりやすい説明を受け、きちんと理解することができました。このプログラムで簿記2級の範囲まで教わり、そのまま会計士試験へと無駄なくステップアップすることができました。

公認会計士としての仕事の魅力

公認会計士は監査のみならず、コンサルティングや税務などさまざまな分野で活躍することができるということです。大学入学時、キャリアビジョンがなかった私にとっては、やりたいことができた時のために将来の仕事の幅を広げられるという点に、公認会計士としての魅力を特に感じています。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

私は勉強に集中できるような能力もなく、飽き性であるため、自分の中でも公認会計士の勉強を最後まで続けられるかどうか疑念を抱いていました。しかし、そんな自分でも公認会計士試験の勉強を最後まで続けることができたのは、周りの友人のおかげだと思っています。友人達と競い、教え合い、時に気分転換をすることで、試験の勉強を飽きることなく最後までできました。この経験はかけがえのないものだと思っています。そして、これから大学生活が始まる皆様も、公認会計士の勉強に限らず、大学生活で頑張ったと自分が納得できることをつくってほしいと思っています。