吉村 建貴氏

吉村 建貴(よしむら たつき)

  • 有限責任あずさ監査法人 東京事務所勤務

プロフィール

2020年 公認会計士試験合格
2021年 有限責任あずさ監査法人 東京事務所入所

公認会計士を志した動機

私が会計士という職業を初めて知ったのは高校2年生のときでした。進路選択について情報を収集しているときに、知り合いに会計士の方がいらっしゃったのがきっかけです。実際にどういうお仕事をするのか、当時はあまり理解できませんでしたが、漠然とやりがいがありそうだと感じたのを覚えています。文系に進んだものの、やりたい仕事が特に見つからなかったので、とりあえずという気持ちで目指すことにしました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

私が大学についてどこを目指すか決めるにあたって、非常に大きい比重を占めたのがこのプログラムです。私は高校2年生のときに会計士を意識したというお話を前述しました。そのため会計士となる環境が整っている大学を探していたのですが、このプログラムは、全国に数ある同じようなプログラムの中でも非常に有用であると思います。特に、簿記3級や2級の授業を受ける中で、その講師の方が専門学校の先生なので、スムーズにWスクールに取り組むことができるようになるという点は恩恵が大きかったと感じています。

公認会計士としての仕事の魅力

会計士という仕事については、唯一無二のものであると強く思っています。今ある職業は、殆どの場合どこか似た、またはほとんど同じようなものをどこかで見つけることができますが、会計士については例外です。働く資格を得るまでのハードルが高い分、他の仕事では代替できない、オンリーワンの仕事に携わることが可能となっています。人と同じようなことをしたくない人にはうってつけであると考えます。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

神戸大学生の皆様は優秀なので、率直に申し上げて、会計士の他にも良い選択肢を色々お持ちだと思います。最終的にそのような選択肢を選ばれたとしても、私は良いと思います。ただし、会計士という職業についても一度考慮に入れてみてからにしていただきたいです。前述したように、この仕事は、この職業でないとできません。複数の会社について深く知ることができる、唯一無二の経験ができる仕事です。まずは一歩、その足を会計士の専門学校へ踏み入れてはみませんか。