浅野 晋平氏

浅野 晋平(あさの しんぺい)

  • 有限責任監査法人トーマツ 名古屋事務所勤務

プロフィール

平成27年 公認会計士試験合格
平成28年 有限責任監査法人トーマツ 名古屋事務所入所

公認会計士を志した動機

最初の導入としては、何か資格を取りたいということで商業簿記Ⅰ,Ⅱの授業を受講し、大学で会計プロフェッショナル育成プログラムの紹介があったことがきっかけで公認会計士の存在を知りました。もともと士業という手に職をつけることにも興味があったこともあり、そんな中で紹介された公認会計士という職業が、社会貢献もできるやりがいのある業種だと思い志望しました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

大学1年生という早い段階から簿記の資格取得のための授業が行われた点が良かったと感じました。大学での勉強はそれまで小学校や中学校、高校で習ってきた内容とは少し違うものだったので、大学に入った時点では簿記について何も知りませんでした。そんな中、簿記3級、2級と段階的に会計に触れることができたので、時間的にも内容的にも余裕をもって公認会計士の勉強に取り組み始めることができたと思います。

公認会計士としての仕事の魅力

公認会計士になると、監査業務という会社の財務諸表が適正であるかをチェックし、保証する業務を独占業務として行うことができます。その監査を実施する過程で、様々な会社に出入りし、お話を伺うことができます。このような希少な経験をすることができる点が公認会計士としての仕事の魅力だと思います。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

やはり資格の試験を受ける必要があるので勉強をする必要があります。その勉強量は人によってまちまちだと思いますが、私の場合には趣味を毎週しながらでも大丈夫だったので、必ずしも勉強ばかりしなければならないというわけではないと思います。大学生になって自由な時間が増え、バイトやサークル以外で何かやることを見つけたいという方は、挑戦しても後悔はしないと思うのでぜひ目指してみてください。