福原 悠介氏

福原 悠介(ふくはら ゆうすけ)

  • 有限責任監査法人トーマツ 関西ブロック勤務
平成29年 公認会計士試験合格
平成30年 有限責任監査法人トーマツ 関西ブロック入所

公認会計士を志した動機

私が公認会計士を志したのは就職活動に対する漠然とした不安があったからです。なにか資格でも取っておこうと思い調べているうちに公認会計士という職業を知りました。公認会計士は今、売り手市場であるため資格を取ればほぼ就職まで直結し、さらに専門性の高い資格であるため幅広いキャリアの選択肢が広がっています。そういった魅力を講義担当の先生に教えていただき公認会計士を志しました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

公認会計士という資格は片手間で取得できるような資格ではなく、お金と時間がかかる資格です、しかも会計学を中心とする試験科目は高校までの勉強では触れてこなかったものであり、全体像が掴みにくいので、とっつきにくい資格であると思います。その際に当該プログラムのように簿記を3級から2級合格レベルまで教えていただき自分に会計という分野が向いているかどうかを考える機会を与えてくれるのは、非常に選択の助けとなりました。

公認会計士としての仕事の魅力

私はまだ監査法人に入所して間もないため仕事の魅力について語れるほど業務を行っていませんが、就職活動に際して集めた情報や働いている方に話を聞いた上で私が考える魅力とは、社会に出て数年で大きなビジネスの流れに触れることができる点にあると思います、そういった機会が多いことから一人の人材としての価値を上げることができ、先に述べたような多様なキャリアを実現することもできます。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

大学生のうちはそれ以前や大学以降と違いたくさんの時間があります、私はその時間を資格取得に使いました。時間の使い方は人それぞれであり、私のような勉強に費やすことが絶対だとは思っていませんが、私はこの道を選んで後悔はしていません。皆さんにも悔いのない選択を行って有意義な大学生活にしていただきたいと思います。