堀 宏樹氏

堀宏樹(ほり ひろき)

  • 新日本有限責任監査法人 大阪事務所勤務

プロフィール

平成26年 公認会計士試験合格
平成27年 新日本有限責任監査法人 大阪事務所入所

公認会計士を志した動機

私が会計士を志したのは周りの影響がとても大きかったと思います。私は大学4年間を通じて熱意を持って取り組めることがしたいと考えていたのですが、周りの友人達が公認会計士試験に挑戦すると聞いて、その職業に興味がわき勉強を始めました。そして、専門学校で勉強を進めて様々な話を聞いていくうちに、公認会計士という職業は自らの将来の可能性を大きく広げてくれるということを改めて認識し、この職業に就きたいと思いました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

育成プログラムは、公認会計士という職業を私に教えてくれました。最初は、神戸大学経営学部に入学したのだから簿記でも頑張ろうかなという軽い気持ちで同プログラムを利用していました。しかし、それがきっかけで会計士という職業を認識し、勉強を始めたのですから、私のように会計士という職業を知らない大学生に一つの可能性を示唆してくれるとても意義のある講座だと思います。また、同プログラムのおかげで、専門学校には神戸大学の知り合いも多く、とても居心地のいい環境で、仲間と競い合いながら勉強を進めることができました。

公認会計士としての仕事の魅力

私は会計士の仕事の魅力は、自らの将来の可能性を広げてくれることにあると思います。つまり、多様な活躍できるフィールドが用意されているということです。企業の監査以外にも、英語を勉強して海外を飛び回ったり、アドバイザリーによって社長の経営や会計に関する悩みの相談に乗るなど様々な専門的業務が用意されています。その中から自分が興味を持った分野の知識を深めていくほど、それが仕事に活かされていき、自らのプロフェッショナルとしての価値を高め、周りから信頼されることにつながると感じています。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

会計士試験は長期的な視点で勉強を続けていかなければなりません。しかし、会計プロフェッショナル育成プログラムを受講し、継続的な努力を続けていけば、結果はちゃんとついてくると感じています。また、会計士試験を通じて共に競い合いながら勉強していく仲間はかけがえのないものになると思います。自分の将来の可能性を広げたい、大学で何かをやり遂げたいと感じている人は、是非公認会計士試験にチャレンジしてみてください。