安野 裕貴氏

安野祐樹(やすの ゆうき)

  • 有限責任あずさ監査法人 大阪事務所勤務

プロフィール

平成26年 公認会計士試験合格
平成27年 有限責任あずさ監査法人 大阪事務所入所

公認会計士を志した動機

私は大学入学以前から、普通の会社員として内部から企業に貢献するのではなく、外部の人間として様々な企業に貢献したいと考えていました。そんなぼんやりとした目標だけを持って大学に入学した私でしたが、会計プロフェッショナル育成プログラムのガイダンスで会計士の仕事について説明を聞いたときに、「これだ!」と感じました。監査だけでなく税務やコンサルなどあらゆる観点からの業務を通じて、多種多様な企業に貢献できる会計士という職業に魅力を感じ、目指してみようと思いました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

会計士という名前からも分かるとおり、会計士試験は会計学の専門性が非常に高いです。私は大学入学時点で会計について全くの素人であったため、先行きが不安でしたが、会計プロフェッショナル育成プログラムのカリキュラムは簿記3級から始めるため、非常にすんなりと会計について学び始めることができました。そのまま簿記2級へとステップアップし、順調に会計士試験の勉強を始めることができました。

公認会計士としての仕事の魅力

会計士の仕事は、監査だけではありません。会計税務のアドバイザリーサービスや株式上場支援をはじめとした業務の提供があり、またクライアントは上場会社だけでなく地方自治体などにも及びます。さらに活躍の場は国内だけに留まらず、国外で活躍している先輩会計士の方もたくさんいらっしゃいます。多種多様なフィールドで、グローバルに活躍することもできる。それこそが会計士としての仕事の魅力であると思います。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

会計に興味がある、プロフェッショナルとして仕事がしたい、親が会計士だから、安定した職と収入が欲しいなど、会計士を目指す動機は人によって様々だと思います。どのような動機で始めようと、会計士試験を通して得られる経験はかけがえのないものであり、実際に会計士として働いて得られるものもまたかけがえのないものであると思います。神戸大学には会計士になるための環境が整っているので、会計士の仕事に少しでも興味を持ったなら、ぜひ挑戦してください。