茨木 早智氏

茨木 早智(いばらき さち)

  • 新日本有限責任監査法人 大阪事務所勤務

プロフィール

平成26年 公認会計士試験合格
平成27年 新日本有限責任監査法人 大阪事務所入所

公認会計士を志した動機

大学入学後、経営学部に入ったのだから簿記くらいは学んでおきたいという軽い気持ちで会計プロフェッショナル育成プログラムに申込みました。始めてみると簿記の勉強はとても面白く、だんだんと将来は会計に関わる職業に就きたいと考えるようになっていました。そしてその頃知った会計士という職業の活躍の場の広さや、女性として長く働き続けられるところに魅力を感じたため、会計士を志すことに決めました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

私は会計プロフェッショナル育成プログラムで簿記2級まで取得した後、大学1年の冬から会計士受験のためにダブルスクールを始めました。大学と専門学校の両立は思った以上に大変でしたが、私の周りには同じ目標を持った仲間がたくさんいて、互いに刺激し、支え合うことで最後まで会計士の勉強を続けることができました。つらいことも沢山ありましたが、合格の喜びと達成感をたくさんの仲間と共有できたことは私の一生の思い出になったと思います。

公認会計士としての仕事の魅力

会計士としての仕事の魅力は、活躍できる場の広さにあると思います。会計士として監査業務に携わることはもちろん、そこで身につけた知識や経験を活かし、株式上場支援やアドバイザリー業務等、自分の興味のある業務に携わることもできます。このように業務内容は幅広く、人それぞれの興味・関心にあった形で、会計のプロとして社会の中で活躍できるところがこの仕事の大きな魅力だと感じます。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

会計士試験は難しい試験ではありますが、本気になって取り組めば在学中合格も可能な試験です。貴重な4年間の内に何かを成し遂げたいと考えている方や、将来に役立つ資格を今のうちに取得しておきたいと考えている方には、是非、会計プロフェッショナル育成プログラムを活用して会計士受験に挑戦することをお勧めしたいです。