金沢 和寛氏

金沢 和寛(かなざわ かずひろ)

  • 有限責任あずさ監査法人 東京事務所勤務

プロフィール

平成28年 公認会計士試験合格
平成29年 有限責任あずさ監査法人 東京事務所入所

公認会計士を志した動機

公認会計士は会計監査業務やコンサルティング業務を通して、多種多様なクライアント(主に上場企業)の経営や内情を知ることができる立場にあります。私は、そのような公認会計士特有の立場がとても魅力に感じ、また、自分もそのような立場で働いて経験を積んでみたいという気持ちが強くなったため、公認会計士試験の勉強を始めました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

大学入学時、私は公認会計士になりたいとは思っていたものの、実際何を勉強し始めれば良いか分かっていませんでした。神戸大学経営学部では、会計プロフェッショナル育成プログラム内にある商業簿記Ⅰ,Ⅱ及び工業簿記の授業を通して、公認会計士試験科目である会計学の基礎を学ぶことができます。私もこの授業の履修を通して簿記の基礎を抑え、また、その後の専門学校での勉強に繋げることができました。

公認会計士としての仕事の魅力

公認会計士は一般的に会計監査のみを行うイメージがあるかもしれませんが、実際には、税務や内部統制の整備、M&A支援等の多様なコンサルティング業務に関わることができます。また、近年は国際会計基準を適用する日本企業が増えているように、公認会計士の業務もグローバル化しています。このように、国際的に多種多様な業務を行うことができるチャンスがある職業であることが公認会計士の仕事の魅力です。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

神戸大学は会計プロフェッショナル育成プログラムが有る様に、公認会計士を目指しやすい環境が整っています。また、公認会計士になって活躍されている神戸大学卒の先輩方がたくさんいらっしゃるので、資格を取った後も働きやすい環境があると思います。公認会計士になることを考えていらっしゃる方は是非挑戦してみてください。