勝本 紗貴氏

勝本 紗貴(かつもと さき)

  • 有限責任あずさ監査法人 神戸事務所勤務

プロフィール

平成29年 公認会計士試験合格
平成30年 有限責任あずさ監査法人 神戸事務所入所

公認会計士を志した動機

公認会計士という職業を知ったのは、高校2年生の時に参加した神戸大学経営学部のオープンキャンパスでした。そして、業務の幅広さによる活躍の場の多いこと、女性が働きやすいこと、試験の合格難易度が高いことを知りました。大学に入って受けた簿記の授業を通じて、数字から会社の活動、さらに経済の流れをつかむことができるということを知り、興味を持ちました。また、大学生のうちに会計学を勉強することが、将来自分の役に立つのではないかと思い、いっそのことなら専門家になってみようという気持ちをきっかけに公認会計士を志すことにしました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

神戸大学経営学部では、入学して1年目に、簿記3,2級を取得することができるカリキュラムが取り入れられています。私もその過程で簿記3,2級を取得しましたが、独学では理解が難しかったであろう簿記の基礎を、しっかりと教えていただけたことは本当に良かったと感じています。また、このプログラムのなかで、「公認会計士試験合格」という同じ目標を持った仲間に出会い、切磋琢磨しあえる環境があったことや、講師の方々の手厚いフォロー、それが励みになりました。

公認会計士としての仕事の魅力

公認会計士の魅力は、キャリアプランの豊富さ、また女性の立場として、結婚や出産等のライフイベントとの両立のしやすさだと感じます。また、一年目から「先生」と呼ばれ、1人の専門家として働くことになります。責任重大で、緊張感の高い仕事ですが、その分やりがいも大きいと思います。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

自分のやってみたいと思ったこと、興味を持ったことにどんどん挑戦することをお勧めします。大学生活は4年間、その1日1日を全て自分の自由に使うことができますが、その自由には、自分への責任があります。試行錯誤することもあるかと思いますが、将来の自分が後悔しなければ、勉強でも、アルバイトでも、サークル活動でも、趣味でも、何でもいいと思います!挑戦する道に正解とか間違いなんてないです。選んだ道を、正解だったといえるように、いかに自分が努力できるかだと思います!大学生活は、自分に責任を持って、全力で楽しんでください!