川口 貴寛氏

川口 貴寛(かわぐち たかひろ)

  • 有限責任監査法人トーマツ 関西ブロック勤務

プロフィール

平成27年 公認会計士試験合格
平成28年 有限責任監査法人トーマツ 関西ブロック入所

公認会計士を志した動機

私が公認会計士を志した理由は、高校生の時から経営コンサルタントになりたいという夢を持っていたからです。そして、大学進学後、公認会計士という職業を知りました。その時、会計の専門家として、企業の経営を支える公認会計士の役割に非常に魅力を感じました。さらに、さまざまな業種の企業に赴き、それぞれの企業の方々と仕事を通じて関わることが出来るという点にも魅力を感じ、公認会計士を目指すことを決意しました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

私は、大学入学当初、会計について何の知識もありませんでした。しかし、会計プロフェッショナル育成プログラムの簿記の授業がきっかけで、公認会計士という職業について詳しく知ることになりました。そして、このプログラムのおかげで、専門学校を上手く活用することができ、簿記の授業でお世話になった講師の方々にサポートをいただきながら、公認会計士試験を乗り越えることができました。

公認会計士としての仕事の魅力

公認会計士の魅力は、自らが希望すれば様々なことにチャレンジすることができることだと思います。 私はもともとコンサルタント業務に携わりたいと思い、公認会計士を志しました。しかし、実際に公認会計士の方々とお話をさせていただくと、公認会計士は監査を軸に多種多様な魅力的な仕事をできると実感しました。実務経験を積み重ね、あらゆる人と関わっていく中で、一人ひとりにあったキャリアプランを実現できるチャンスがあることが魅力であると思っています。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

公認会計士試験は難易度が高く、合格するには多くの勉強時間が必要になります。しかし、努力をすれば、いつか必ず報われる試験でもあると思います。そして、公認会計士という資格を得ることができれば、自分の将来の可能性を広げることが出来ます。ですので、何かにチャレンジしてみたいという人は、ぜひ、公認会計士試験にチャレンジすることを選択肢の一つとして考えてもらいたいと思います。