前田 佑樹氏

前田 佑樹(まえだ ゆうき)

  • 新日本有限責任監査法人 東京事務所勤務

プロフィール

平成28年 公認会計士試験合格
平成29年 新日本有限責任監査法人 東京事務所入所

公認会計士を志した動機

私が公認会計士を志した動機は、就職した後にも様々な選択肢を残しておきたいと考えていたことにあります。公認会計士の資格を取得すると、会計及び監査の専門家として様々な業界に関わるチャンスが生まれ、将来の選択肢に幅をもたせることができます。勉強を始めた時点で私は、自分の将来の展望が描けていなかったので、その意味で自分に合った資格だったことが公認会計士を志したきっかけとなりました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

私は、大学に入学するまで、会計に関心があったわけではなく、全く何も知らない状態からのスタートでした。しかし、大学で会計プロフェッショナル育成プログラムを利用することで、基礎の基礎から会計を学ぶことができました。合格した今となって振り返ってみれば、勉強を始めた段階で、会計の基礎を確実に習得できたことが、その後の勉強の理解に大きく貢献したと感じています。大学で初めの一歩を踏み出せたことに、今は大いに感謝しています。

公認会計士としての仕事の魅力

公認会計士には、多種多様な仕事のフィールドが広がっています。もちろんメインとなる業務は、一般事業会社に対する会計監査ですが、それ以外にも、会計に関するコンサルティング業務、新規株式上場支援業務、大学や医療法人等のパブリックセクターに対する監査、コンサルティング業務等々、実に多くの業界に関わるチャンスがあります。仕事を通じて、一つの業界に特化するのではなく、様々な業界の慣習、知識に触れることで、自分自身の経験を豊かにすることができます。この点が公認会計士の仕事の大きな魅力だと、私は感じています。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

神戸大学には、教員の方々や、制度、そしてともに切磋琢磨する学生と、会計を学び、そして公認会計士を目指すのに最適な環境が整っていると感じています。また、公認会計士の業務フィールドも拡大しつつあり、目指した後に得られる利益も大きなものとなります。この神戸大学で初めの一歩を踏み出してみるのも、人生の中で良い選択肢となると、私は思います。