奥田 賀範氏

奥田 賀範(おくだ よしのり)

  • 有限責任監査法人トーマツ 関西ブロック勤務

プロフィール

平成26年 公認会計士試験合格
平成27年 有限責任監査法人トーマツ 関西ブロック入所

公認会計士を志した動機

私は以前より経営者を支援できるような仕事がしたいという思いが強くありました。会計士の仕事は幅が広く様々な業務経験を積むことができ、さらにその知識、経験を活かして経営者の支援をすることが可能です。また、私は大学生活で何かこれだけはひとに負けないといえるようなものを身につけたかったので、会計士の会計に関する専門性の高さはとても魅力的に感じました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

会計士の勉強は私が考えていたよりも量が膨大でとても大変でした。しかし、このプログラムがあったおかげで、同じように勉強する神戸大学生が周りに多くいたため、切磋琢磨しながら最後までやりきることが出来ました。勉強が中心の生活になるので、精神的にも体力的にもつらいことはありますが、最後まで投げ出さずに努力してよかったと感じています。

公認会計士としての仕事の魅力

会計士の仕事の一番の魅力は幅広く仕事をすることで様々な経験を積むことが出来る点だと私は思います。会計士は一般事業会社の監査だけではなく、金融機関監査、公会計、株式上場支援、会計アドバイザリーなどの多様な業務、さらに海外で働きたければ海外でも活躍することが可能です。様々な業務を経験することが出来る土壌は自分の成長にとってとてもかけがいのないものであるように思います。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

私は2回生の11月から会計士の勉強を開始しました。会計士を目指している同学年の方は一年早く勉強を開始しているので、勉強を開始するのが遅かったのではないかと不安になることもありました。しかし、今なら自信を持って「会計士の勉強の開始時点に遅いも早いもない」と言うことが出来ます。もし、皆さんが会計士になりたいと真剣に思うのなら、迷わずに是非、勉強を開始して欲しいです。その思いがあれば必ず公認会計士試験を突破できると私は思います。