高崎 桂一氏

高崎 桂一(たかさき けいいち)

  • 有限責任監査法人トーマツ 関西ブロック勤務

プロフィール

平成26年 公認会計士試験合格
平成27年 有限責任監査法人トーマツ 関西ブロック入所

公認会計士を志した動機

私は学生時代に経験した株式投資の失敗を通じて「会計」が会社業績、社会に与える影響の大きさを知りました。そこから企業の将来を構築するために必要不可欠であり、世界で最も共通性が高いルールである「会計」を知識として身に着けたいと考え、またそのプロフェッショナルとしてグローバルで活躍するチャンスがある公認会計士という仕事に魅力を感じ志しました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

公認会計士試験は三大難関国家資格ということもあり必要とされる学習範囲、時間が膨大でした。会計プロフェッショナル育成プログラムではまず個人企業を対象とした商業簿記Ⅰ、その後株式会社を対象とした商業簿記Ⅱへと移っていくため会計に関する予備知識がない私でも与えられた流れに沿ってスムーズに公認会計士の勉強へと対応することができました。合格した現在、受験時代を振り返ると苦労したことや我慢したことも確かに多かったですが、商業簿記Ⅰ・Ⅱ、そして公認会計士試験を共に闘った仲間たちと切磋琢磨し、支え合ったことは私の一生の思い出となったと考えています。

公認会計士としての仕事の魅力

私は会計士としての仕事の魅力を、監査を通して様々な企業の中身を知ることにより、グローバルに活躍する、経営者のパートナーになる、ベンチャー企業を公開させる等々の「自分の思い描くキャリア」の実現に近づくことだと考えます。一生に一度の人生、嫌いなことをするほど長いものではありません。私は会計士として様々な業務に携わることによって、好きな道、やりがいのある道を見つけ自らのキャリアをより満足できるものにさせたいと思っています。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

大学生は時間を自分で管理できる時期です。流れに任せて時間の空費にうつつを抜かすのではなく、将来の夢に近づけるような土台づくりを頑張ってほしいと思います。神戸大学には会計プロフェッショナル育成プログラムがあるので、スムーズに公認会計士の資格の勉強に対応ができます。是非、土台の候補の一つとして公認会計士の資格を考えていただければと思います。