冨田 直斗氏

冨田 直斗(とみた なおと)

  • 有限責任あずさ監査法人 大阪事務所勤務

プロフィール

平成26年 公認会計士試験合格
平成27年 有限責任あずさ監査法人 大阪事務所入所

公認会計士を志した動機

私が会計士を志望したきっかけは、1回生の時に参加した監査法人の事務所見学会です。広く整然としたオフィスと、そこで働く会計士の方々の知的さに心打たれ、将来はこのような社会人になり、このような職場で働きたいと思い、その場で会計士になろうという決意をしました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

会計士試験のための勉強を本格的に始めたのは、1回生の12月になります。専門学校に通い始めてからわかったことは、会計士試験とは想像していた以上に厳しい試験であるということでした。まず朝から晩まで自習室にこもって勉強するのは当たり前ですし、それに加えて膨大な量の答練があります。答練は難易度も高く、なかなか思うような成績をとることができず苦しみました。肉体的にも精神的にも辛い試験勉強でしたが、乗り越えることができたのは、同じように辛い勉強に打ち込む仲間たちがいたからだと断言できます。会計プロフェッショナル育成プログラムを経て、会計士の勉強を始めた人々が多く、年齢の近い仲間と勉強に打ち込むことができました。彼らとの切磋琢磨があったからこそ、合格を掴むことができました。このプログラムを通じて出会った友人たちは私の一生の宝であると思っています。

公認会計士としての仕事の魅力

色んな人と出会うことができることだと思います。まず、試験勉強をしている時期からして、個性が強く、かつ優秀な仲間を得られますし、実務についてからも、様々な業種の、様々な職階の人々とお話する機会があると聞いています。その中で培われる人脈の多様さは、ほかの職業では得ることが難しいものであると思います。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

会計士試験の勉強は、先ほども述べたとおり、とても辛いものですが、そこから得られるものはその辛さを上回るほど実り多いものであることは間違いありません。公認会計士を目指そうかと迷っておられる方、そうでない方にも、挑戦することを強くおすすめします。そしていつの日か、同僚として一緒に働きましょう