山口 勝也氏

山口勝也(やまぐち かつや)

  • 新日本有限責任監査法人 大阪事務所勤務

プロフィール

平成26年 公認会計士試験合格
平成27年 新日本有限責任監査法人 大阪事務所入所

会計士を志した動機

私が公認会計士を志したのは、浪人生時代でした。当時、将来の職業について考えていた時に、公認会計士という職業を知り、この職業に就きたいと思いました。公認会計士は企業の数値やデータを扱うため、数字を見たり、分析したりすることが好きな私にとって魅力的に感じました。また、私は「正しいことをしている人が損をして、悪いことをした人が得をしたらいやだな」と思っていたため、公認会計士の行う「監査」という仕事を通じて、不正のないような社会づくりに貢献したいと考え会計士を目指しました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

私は、神戸大学には「会計プロフェッショナル育成プログラム」というものがあり、毎年公認会計士試験に多くの人が合格していることを知って、神戸大学を受験しました。入学後、実際に「会計プロフェッショナル育成プログラム」を活用してみると、会計の初歩的なことから学ぶことができたため、会計士試験に合格するために必要な基礎を身に付けるには非常に有効だったと思います。また、神戸大学には会計士を目指す仲間が多く、切磋琢磨できる環境がありました。会計士試験にはモチベーションを維持することが大事なので、このような環境にいたことはとても良かったと思います。

公認会計士としての仕事の魅力

私は、神戸大学には「会計プロフェッショナル育成プログラム」というものがあり、毎年公認会計士試験に多くの人が合格していることを知って、神戸大学を受験しました。入学後、実際に「会計プロフェッショナル育成プログラム」を活用してみると、会計の初歩的なことから学ぶことができたため、会計士試験に合格するために必要な基礎を身に付けるには非常に有効だったと思います。また、神戸大学には会計士を目指す仲間が多く、切磋琢磨できる環境がありました。会計士試験にはモチベーションを維持することが大事なので、このような環境にいたことはとても良かったと思います。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

会計士試験に合格するためには、勉強に費やす時間が多く必要になります。ときには逃げたいと思うときもあると思いますが、努力は裏切らないと思うのであきらめずに頑張ってみてください。また、会計士になろうと考えていない人にも、会計の世界に触れてほしいと思います。会計を知ることで、新しい視点で物事を考えることができます。そのために会計の基礎的なことから学べる環境が神戸大学には整っています。是非、これを有効に活用してみてください。