宮本 力斗氏

宮本 力斗(みやもと りきと)

  • 有限責任監査法人トーマツ 関西ブロック勤務

プロフィール

平成30年 公認会計士試験合格
平成31年 有限責任監査法人トーマツ 関西ブロック入所

公認会計士を志した動機

大学一年生の時、私は将来の夢や目標を一切考えずに毎日の学生生活を過ごしていました。そのような中、大学の簿記の授業で公認会計士という資格と出会いました。公認会計士という資格は会計のプロフェッショナルとして業界のあらゆる分野に関わり、業務内容も豊富で社会において活躍の場が多いという特徴を知り、当時漠然と学生生活を過ごしていた自分が魅力を感じる資格でした。将来の自分のキャリアに関する選択肢を広げるためにも専門性が高く、かつ深い知識や経験を体得できる公認会計士を目指そうと考えました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

上述したように、私は自分の将来のキャリアを何も考えずに学生生活を過ごしていたため会計の世界や公認会計士という資格について全く知識がありませんでした。そのような状況の中で会計の世界の登竜門である簿記について基礎から丁寧に学ぶことができた会計プロフェッショナル育成プログラムは公認会計士試験に合格した今振り返ってみてもとても充実した制度であったと感じます。自分の公認会計士としてのキャリアの第一歩となったこの制度にとても感謝しています。

公認会計士としての仕事の魅力

私自身、試験に合格したばかりでまだ実際に公認会計士が行う業務に携わったことはありませんが、公認会計士としての魅力はその高い専門性と豊富な知識や経験を活かした幅広い業務を行えることにあると考えています。公認会計士は監査業務が主な業務内容ですが、その他にも、会計の知識を活かしたコンサルティング業務や税務業務、IPO業務等、多種多様な業務を行うことができ、一つのことに特化するのではなく、様々な業界の知識や経験を体得することができます。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

大学生はそれまでの高校生活とは違い、自分のために費やせる時間が格段に増えます。だからこそその時間を無駄にせず、何かに打ち込むことをお勧めします。打ち込むものは部活やサークル、勉強、バイト等、人によって様々だとは思いますが私は公認会計士試験の勉強に大学生活を費やしたことを後悔はしていません。振り返ってみれば、決して簡単な道のりではなく、時には勉強のことで壁にぶつかったこともありますが、ともに公認会計士を志した友人と高め合い、励まし合った日々はかけがえのない思い出になりました。あっという間に過ぎていく4年間の大学生活を無駄にはせず、何か目標を持って行動することは将来どんな形であれ、その人の財産になると思います。皆さんも何か目標を掲げて有意義な学生生活を過ごしてください。