吉田 慎太郎氏

吉田 慎太郎(よしだ しんたろう)

  • 有限責任監査法人トーマツ 関西ブロック勤務

プロフィール

平成27年 公認会計士試験合格
平成28年 有限責任監査法人トーマツ 関西ブロック入所

公認会計士を志した動機

私が公認会計士を志した理由の一つ目は業務や選択肢の幅が広いためです。公認会計士の業務は独占業務である監査だけにとどまらず税務やコンサルティングなど多様である点や、公認会計士が活躍できるフィールドは監査法人だけでなく一般事業会社や金融機関、官公庁など多岐に及ぶ点に魅力を感じました。理由の二つ目は監査を通じて経済や社会について多くのことを学ぶことができると感じたためです。経済や経営に興味をもっていた私にとって監査という業務はそれらを学ぶにはもってこいだと思い公認会計士を目指すことを決意しました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

神戸大学では簿記3級から2級までの内容を大学の講義の中で履修することができ、また講師は専門学校の方が担当されるため公認会計士受験を考えている方にとっては非常に良い環境だと思いました。その後専門学校とのWスクールという形になり一年半程度はなかなかハードな日々を送ることとなりました。しかし神戸大学には同じ志を持った仲間が多く存在し、互いに刺激を受けながら勉強に取り組むことができたため最後まで戦い抜くことができ合格という結果を勝ち得たと思っています。

公認会計士としての仕事の魅力

公認会計士の仕事の魅力はなんといっても業務の多様性です。監査法人内で監査業務や株式上場支援業務、財務アドバイザリー業務などを行うことができるほか、監査業務での知識・経験を生かしてコンサルティング会社や金融機関で働くこともできます。さらに独立開業や税理士として働くことも可能であり非常に魅力ある職業だと思います。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

公認会計士に興味をもたれている方に一番伝えたいことは、「公認会計士試験は難しくない」ということです。確かに試験範囲はとてつもなく広くそれらをカバーするためには一定の時間を要します。ですが根気よく勉強を行えば必ず良い結果に結びつく試験であると私は思っています。ですから興味をもたれている方はぜひ挑戦してみてください。最後に同じ公認会計士としていつか皆さんと一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています!