服部 泰宏はっとり やすひろ

准教授
博士(経営学)(神戸大学)
教員のメールアドレス(画像)

研究と教育の概要

企業における個人の行動・心理を支える仕組みに注目する「人的資源管理論」と,そうした行動・心理やそのメカニズムそのものを探究する「組織行動論」が重なる領域で,研究・教育をしている。具体的に関心を持っているのは,採用や育成,評価といった人々の「優秀さ」をとらえるための実践が,どのように人々の行動・心理を規定するか,という問題である。

企業の人事データやサーベイデータなど定量的なデータの分析を主軸にしつつ,社員へのインタビューや参加観察など,定性的なデータ分析をそこにブレンドさせることで,上記の問題に迫っている。

学部教育においては,例えば,1年生,2年生を対象とする特別学修プログラムなどを担当しており,ゼミナールでは,企業の人事部からいただいた現実の人事課題に対して,メンバー全員で,データ分析に立脚して科学的に回答を出すという,「アカデミック・ソリューションの提供」を実践している。

大学院教育においては,社会人を対象とするIndividuals and Groupsの講義,一般大学院生を対象とする研究指導や経営管理特論といった講義を通して,上記のような問題について分析することのできる専門家の育成に従事している。

略歴

  • 2018年4月 神戸大学大学院経営学研究科准教授
  • 2013年4月~2018年3月 横浜国立大学大学院国際社会科学研究院 准教授
  • 2011年4月~2013年3月 滋賀大学経済学部 准教授
  • 2009年5月~2011年3月 滋賀大学経済学部 専任講師
  • 2009年3月 博士(経営学)神戸大学大学院経営学研究科
  • 2009年3月 神戸大学大学院経営学研究科博士課程後期課程 修了
  • 2006年4月 神戸大学大学院経営学研究科博士課程後期課程 進学
  • 2006年3月 神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程 修了
  • 2004年4月 神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程 入学
  • 2004年3月 関西学院大学経済学部 卒業

担当科目

  • 学部 :経営学基礎論
  • 大学院(Ph.D.):演習
  • 大学院(MBA):Individuals and Groups

研究業績等詳細紹介ページ