坂本 咲帆氏

坂本 咲帆(さかもと さきほ)

  • 有限責任監査法人トーマツ 大阪事務所勤務

プロフィール

2019年 公認会計士試験合格
2020年 有限責任監査法人トーマツ 大阪事務所入所

公認会計士を志した動機

税理士資格を取得した母の影響で、私は幼少期の頃から会計の世界を身近に感じていたため、高校生で進路を選択する際に、会計を学べる経営学部に進学することを決めました。大学1回生の簿記の授業後に、公認会計士である大学の先輩の講演を聞く機会があり、「公認会計士は会計のプロフェッショナルです。」という言葉に感銘を受け、私も会計のプロフェッショナルとして、社会に貢献したいと思い公認会計士を志すことを決めました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

私は、大学1回生の頃に、会計プロフェッション育成プログラムの一環である商業簿記Ⅰ・Ⅱと工業簿記の授業を履修しました。これらの授業を履修したことで、公認会計士資格取得のための登竜門である簿記を理解することができ、その後の公認会計士資格取得のための土台となりました。また、このプログラムを活用することにより、公認会計士を志している同じ境遇の仲間と出会たことで勉強のモチベーションを保つことができました。

公認会計士としての仕事の魅力

公認会計士の魅力は、多様なフィールドで活躍できる可能性が秘められていることであると私は思います。公認会計士は、監査業務として、一般事業会社・金融機関・公的機関など幅広い業界に関与できます。また、監査業務以外にも、税務業務やアドバイザー業務などの被監査業務にも携われます。幅広い選択肢があるため、国内・国外を問わず、自分に見合った多様なキャリアを形成することができます。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

私自身、公認会計士試験に合格するまで、決して安易な道のりではありませんでした。大学生活の大半を受験勉強に捧げ、途中で挫けそうになったことも何度かありました。しかし、最後まであきらめずに自分を信じ、努力を重ねた結果、周りの仲間、先生方、そして家族のサポートのおかげもあり、合格することができました。この経験は私の人生の大きな財産です。公認会計士試験に限らず、アルバイトや部活・サークル活動など、ひとりひとり目標は異なると思いますが、定めた目標に向かって、全力で打ち込んでみてください。たった4年間ですが、将来が決まる大切な4年間です。是非有意義な学生生活にしてください。