下浦 勇也氏

下浦 勇也(しもうら ゆうや)

  • EY新日本有限責任監査法人 大阪事務所勤務

プロフィール

2019年 公認会計士試験合格
2020年 EY新日本有限責任監査法人 大阪事務所入所

公認会計士を志した動機

私は大学に入学するまで、公認会計士のことは全く知りませんでした。しかし入学してからは簿記の授業が一番楽しいと思うようになり、この楽しいと思えることを大学の間やり通し、将来の仕事にそのまま活かせる会計士という職業に魅力を感じました。大学やサークル、バイトに4年間費やす道も悪くないと思っていましたが、自分は大学生のうちに、将来のことを考えて努力する道の方が有意義だと判断したので、会計士を目指すことにしました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

このプログラムは自分が会計に触れる良いきっかけを与えてくれたものだと思っています。この一部である商業簿記・工業簿記で会計学の面白さや会計士の魅力などを知りました。またプログラムの一環で日商簿記2級・3級が取得でき、自信につながりました。

公認会計士としての仕事の魅力

会計士は他の一般企業に就職する場合と異なり、あらゆる企業や組織と深く関わることができます。その方法は監査に限らず、コンサルティング、IPO、税務などの様々な形があり、自分に合った仕事を選択してキャリアを積むことができます。また会計士は社会的地位の高い職業であり、たとえ自分が学生であっても、社会では会計のプロフェッショナルとして扱われます。したがって比較的責任の重い職業にはなりますが、そのような環境に身を置くことは自身のスキルアップにつながります。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

上述した通り、私はサークルやバイトではなく公認会計士を目指す道を選びました。しかしこの選択は間違ったと思ったことは一度もありません。専門学校に通い始めると同じ目標を持った友人もでき、彼らと切磋琢磨しながら成長する日々は充実しており、とても良い経験でした。確かに勉強が苦に思う時もあるかもしれませんが、その分合格した時には得られる達成感は相当なものになりますし、自分の自信にもつながります。もし公認会計士を目指すかどうか迷っているならば是非挑戦してみてはいかがでしょうか。