杉中 隆弥氏

杉中 隆弥(すぎなか りゅうや)

  • EY新日本有限責任監査法人 東京事務所勤務

プロフィール

2019年 公認会計士試験合格
2020年 EY新日本有限責任監査法人 東京事務所入所

公認会計士を志した動機

私が会計士を志したのは、神戸大学経営学部で紹介される監査法人オフィスツアーに参加したことがきっかけでした。監査法人とは、ざっくり言うと会計士の人たちで構成される会社のことで、そのオフィスツアーでは先輩会計士の方々のぶっちゃけた話(例えば、給与、労働条件、オフィス環境、仕事の魅力、ワークライフバランス等)を聞くことができました。そこでたくさんの先輩方から聞いた話がとても魅力的だったので、会計士という職業を目指しました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

会計プロフェッショナル育成プログラムでは会計士の勉強の導入部分である簿記3級2級について専門学校の講師の方に教えていただけるものですが、その内容は簿記3級2級の延長の会計士の勉強にも活きる知識がところどころに織り込まれているため授業をしっかり履修することで、会計士勉強にも簿記の資格取得にもとても役立てることができました。

公認会計士としての仕事の魅力

会計士の仕事の魅力の1つとして「なんでも経験できる」ことがあると思います。会計や監査というスキルをベースに国内業務、グローバル業務、クライアント先への出向、コンサル、アドバイザリー、Tax、IT、数え挙げればキリがないほどです。また製造業、金融業、商社等、あらゆる業界に携われる機会があることも魅力だと思います。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

公認会計士という資格は会計士として働くのみならず、その後独立したり、転職したりしても活かし続けることができる、可能性に溢れた一生使える武器になると確信しています。大学生活4年間のうちの1年半を投資してみる価値はおおいにあるのではないでしょうか。皆様が一歩踏み出し、この資格に挑むことを応援しています。