山口 裕平氏

山口 裕平(やまぐち ゆうへい)

  • 有限責任あずさ監査法人 大阪事務所勤務

プロフィール

平成30年 公認会計士試験合格
平成31年 有限責任あずさ監査法人 大阪事務所入所

公認会計士を志した動機

私は、人を陰ながら支える仕事をしたいと考えていました。私が公認会計士を知ったのは高校の時で、公認会計士について調べていくうちに、その独占業務である外部監査が企業や投資家、資本市場全体を支えていることを知り、ティン!と感じたのが公認会計士を志した動機です。また、会計監査を通じて、企業の中身を知ることができるのも魅力に感じました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

神戸大学では、商業簿記Ⅰ・Ⅱ、工業簿記を大学の講義として受講可能であり、簿記の知識の習得しつつ単位も日商簿記3・2級の資格も取得できる一石二鳥なプログラムがありますので、公認会計士への興味を有無にかかわらず受講することをお勧めします。これにより公認会計士の学習をスムーズに行うことが可能となり、非常に役に立ちます。また他の神戸大学の開講科目も公認会計士に必要となる知識を学ぶものが多く、公認会計士の学習とのシナジー効果を得ることが可能でした。

公認会計士としての仕事の魅力

公認会計士としての仕事の魅力は業務の幅広さだと思います。公認会計士になれば、独占業務である会計監査だけでなく、IPOやパブリックセクター、アドバイザリーなど多種多様な業務に携わることができます。また、このような業務を通して、様々な業種のクライアントの内部情報を知ることができるので、非常に視野が広がります。このように公認会計士は若いうちから多くの経験を積むことができ、将来に向けて多様な選択肢を残すことができます。責任の重い仕事ではありますが、公認会計士は個々がプロフェッショナルと扱われるため、とてもやりがいがあります。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

大学生である時間は、長いようで短いものです。だからこそ、皆さんには「今」を大事にしてほしいと思っています。それはもちろん公認会計士を目指すための勉強でもいいですし、サークルやバイトに勤しむでもいいでしょう。私は公認会計士を目指すことに時間を使い、他の楽しみを切り捨ててしまいましたが、悔いはないです。ですから、皆さんも悔いの残らない選択をして、全力で「今」を楽しんでください。その選択肢の一つとして、公認会計士に挑戦してみてはいかがでしょうか?