西村 優花氏

西村 優花(にしむら ゆうか)

  • EY新日本有限責任監査法人 大阪事務所勤務

プロフィール

平成30年 公認会計士試験合格
平成31年 EY新日本有限責任監査法人 大阪事務所入所

公認会計士を志した動機

大学に入学したばかりの私は、自立した一人の女性として社会に貢献できる存在になりたいという漠然とした目標だけを掲げ、授業・部活・バイトを繰り返す日々を送っていました。商業簿記Ⅰの授業で公認会計士という仕事を知り、公認会計士の仕事の幅の広さや女性がライフイベントを経ても長く働き続けることができる点をはじめとした数々の魅力に惹かれ、大学生活をかけてチャレンジする価値のあるものではないかと思いました。私にとって興味のある分野であるとともに、真剣に取り組むことで将来的に自信に繋がると思い、公認会計士試験の受験を決意しました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

大学入学後すぐ会計プロフェッショナル育成プログラムの一環である商業簿記Ⅰの授業で簿記3級を取得しました。専門学校の先生方が大学に来て開講してくださる授業はおもしろくて分かりやすいため、会計に触れたことのない私でも躓くことなく簿記に慣れることができました。その後、商業簿記Ⅱ・工業簿記を履修し、11月に簿記2級を取得しました。このプログラムでは、公認会計士試験への導入となる簿記をスムーズに学習できる点で自分自身の学力の面でプラスとなるとともに、同じタイミングで公認会計士試験を目指す多くの友人に出会うことができました。互いに切磋琢磨しながら、時に励ましあい、助け合うことのできる仲間に出会うことができる点でも、会計プロフェッショナル育成プログラムを利用してよかったと思っています。

公認会計士としての仕事の魅力

公認会計士は様々なキャリアを選択でき、かつ、女性でも長く働き続けることのできる環境が整っていると感じています。監査法人であれば、一般事業会社・金融機関・公的機関など幅広い業界に、公認会計士の独占業務である監査業務を通じて関与できます。また、アドバイザリー業務や未上場企業の上場を支援する業務、税務に関する業務に携わることも可能です。会計という分野で、複数の業界にまたがって実務に携わり、経験を積むことができます。また昨今、働き方改革や女性の社会進出が話題となっています。公認会計士の女性の方は出産・子育てを経ても公認会計士として活躍し続けている方が非常に多くいらっしゃいます。多様な働き方が自然と容認されている環境の充実も魅力のひとつです。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

大学4年間の可能性は無限大であると思います。資格の取得、部活やサークル、アルバイトなど熱意を込めて取り組むことは何でも良いと思うのですが、自分の可能性を自分自身で上限を決めてしまい狭めることなく、果敢にチャレンジする姿勢が大切であると思っています。私は、公認会計士試験の勉強と並行しながら1回生の時に始めた部活を論文式試験後も続けています。両立していた1年半は大変でしたが、とても濃く有意義な時間を過ごすことができ、今となっては最後までやり遂げてよかったと思います。4年間という、長くも短い時間を無駄にすることのないよう、自分の掲げた目標に向かい最後まであきらめずに取り組むことが何より重要であると私は思っています。