山田 雅之氏

山田 雅之(やまだ まさゆき)

  • 有限責任監査法人トーマツ 関西ブロック勤務

プロフィール

平成30年 公認会計士試験合格
平成31年 有限責任監査法人トーマツ 関西ブロック入所

公認会計士を志した動機

高校時代、周りの友人には将来なりたい職業などの目標を持った人が多く、自分も何か目標を持って大学に進学したいと考えていました。また、税理士である父の影響もあり、将来は税理士になろうと漠然と考えていました。しかし公認会計士のキャリアの幅の広さや、順調に進めば在学中に合格できることなどを知り、大学在学中に目指すのにうってつけの資格であると感じたため、志すことを決めました。

受験・合格体験談~会計プロフェッショナル育成プログラムの活用~

会計プロフェッショナル育成プログラムの一番の利点は、大学の友人とともに公認会計士試験の勉強を始められることだと思います。神戸大学経営学部では入学後すぐにほとんどの生徒が大学の授業の一環として簿記の学習を開始することになり、3級、2級に合格すれば単位が付与されます。このプログラムがあるおかげで公認会計士を志す人が多いため、心細い思いをせずに学習を始められます。公認会計士試験の勉強は短くとも2年弱に渡り、ひとりでモチベーションを保ち続けるのは難しくなるため、大学に同じ目標を持った仲間がいることは大きなメリットであると思います。

公認会計士としての仕事の魅力

公認会計士の魅力は、将来のキャリアの選択肢が多いことだと思います。海外で経験を積むチャンスも多くあり、公認会計士として監査法人で働いた経験を活かして一般企業に転職したり、独立したりと、描けるキャリアは多岐にわたります。社会人として働いた経験がなく、まだ自分が将来何をしたいかが明確に決まっていなくとも、働きながらそれを見つけ、選ぶことができます。

神戸大学生の皆様へのメッセージ

大学生のうちは自由に使える時間が多くあるため、大学生活をどう過ごすかは同じ学部の生徒であっても大きく変わってきます。部活やサークル、バイトなど、多くの選択肢がある中で公認会計士を志す場合、その勉強を少なくとも2年弱もの間生活のメインに据えるため、確かにつらいこともあります。しかしその分、無事に合格したときの喜びは非常に大きく、公認会計士を志して本当に良かったと心から思えます。

神戸大学経営学部は公認会計士を目指すための環境が整っているため、神戸大学生の方には大学生活の過ごし方として公認会計士を志すことをぜひ選択肢に入れてほしいと思います。