松尾 貴巳まつお たかみ

教授
博士(経営学)(神戸大学)

研究と教育の概要

業績管理システムや原価管理システムなどの実務への導入研究、また、業績管理などの経営管理の仕組みの有効性評価に基づき、仕組みをいかに効果的に機能させるかについて研究しています。近年では、パブリックセクターや医療組織など、成果測定の困難な政府組織、専門職が中心の非営利組織を対象とした研究に重点をおいています。これらの研究は、神戸大学社会システムイノベーションセンターの研究プロジェクトとしても活動しており、「ヘルスケア組織マネジメントシステム」、「ニュー・パブリック・ガバナンス」の研究プロジェクトを担当しています。

教育においては、MBAの演習とMBAコースの授業(「病院の業績管理会計」)を担当しています。「病院の業績管理会計」は、神戸大学医学部附属病院と連携して実施している講義(課題解決型高度医療人材養成プログラム 実践的病院経営マネジメント人材養成プラン :M×M KOBE)で、病院の医師や医療事務マネージャーなど医療組織に所属する実務家も参加しています。

略歴

  • 2011年神戸大学大学院経営学研究科教授
  • 2004年神戸大学大学院経営学研究科助教授
  • 1998年大阪府立大学経済学部助教授
  • 1998年株式会社三菱総合研究所退職(経営コンサルティング部経営システム研究室研究員)
  • 1991年大阪府立大学大学院経済学研究科博士前期課程修了
  • 1991年株式会社三菱総合研究所入社
  • 1989年神戸商科大学商経学部経営学科卒業

担当科目

  • 学部:研究指導、管理会計/管理会計基礎
  • 大学院(Ph.D.):演習
  • 大学院(MBA):現代経営学応用研究(病院の経営分析・コスト分析、病院の業績管理会計)

研究業績等詳細紹介ページ